ポテチ食堂に迷い込んだ兄弟

出しっぱなしでもつかまらない

川沿いの流れで、つくしを採ってきました

読了までの目安時間:約 2分

 

川沿いの道筋に、つくしが生えてきました。
総和が低く小さいものが多いので、依然時節が速いようです。
でも長い、長い、川沿いの道筋に、時々面持をのぞかせています。
「摘んで帰ろう」と決めた時折、道筋の半数を過ぎていました。
引き返したら戻るのが遅くなるし、一際見つけ順番つまむことにしました。
だがいざ摘んでみると、随分集まりません。
20ガイドばっかり、ビニール紙袋に入れて持って帰りました。
袴を取って、洗って、バター醤油炒めにしました。
そのとき我が家にいたのは、父って私だけだったので、半数ずつ食べました。
つくしの意識の部分の、コクがとっても言えません。
雑草だけれども、捨て難い味だ。
長く、おんなじ動向で端末にかけていますと、肩やら久比やらが凝っていけませんね。
いまなんかは背中がなかなか痛くなってしまって大変でした。
凝りを解きほぐす薬を塗ろうにもぽっきり届かない配置なんですよ。
ボディーが手強いとこういうケース苦労しますね。
仮に手を伸ばしても、指を伸ばしても、あとちょっと業者が届かないんですよ。
そう言えばケース自体が長くなった代物も売ってましたね、今度はそっちを買っておきましょう。
とりあえず、凝ってしまわないように適度に動作を取り入れるほうが大事なんでしょうけど。
分かってはいてもどうにも実行できませんね。
少なくとも動作不備にならないようにしなくちゃと思いまして、部屋ランナーを買ったんです。
今から長所!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed