ポテチ食堂に迷い込んだ兄弟

出しっぱなしでもつかまらない

骨尖端線打撃?

読了までの目安時間:約 2分

 

子供が膝の位が辛いというので、整形外科に連れて行く。
ドクターによると調教期のおわりにあたる子供は調教軟骨を傷めている可能性があるという。
調教軟骨は「骨縁線」(骨縁線はありとあらゆる骨における)とも呼ばれ子供に限定。軟らかい軟骨なので外力にもろい。
骨縁線不具合には凄まじく2つの原因がある。
①ダメージによる
高いところから落ちて手首をひねったり、足首をひねったりというダメージによるものです。
②酷使による
投球を積み重ねる、ボールをけり積み重ねるなどの酷使による賜物。
おんなじ骨縁線不具合といっても、発症機転の違う骨縁線不具合は治療の方法が異なる。
ほんとに、調べてもらった実り、子供の場合は骨に疾患はなく、膝の前側の腱に多少の炎症が見られるとのこと。
たぶん修学旅行のスキーに原因があるのではないか?
体育等は2ウィークほど休みなさいというが、とりわけ、一安心です。
先日高速バスによって地区に行こうと思い高速バスを予約して意図タイムの半前には到着するように意図をたてて出発したんですが、誠に電車内に「ピーッ、ピーッ」といったブザーが鳴り響きさっさと変事停留。
変事停留の原因は2つ先のターミナルで車両列車の不幸というコマーシャルがなりました。しこも射撃の思惑は立っていないとのことでした。事故された奴への悩みはもちろんありましたが、刻々と時間は過ぎてゆき誠に結果電車の中に1歳月なかばも缶詰め状態になってしまいました。
当然高速バスはストップで、予約していた地区の投宿以後もストップすることになりました。
何よりも電車うちは通勤歳月ということもあり完売だったので体調くずす他人とかも居たので始動できないならできないで地下鉄様何か対策してほしいというのが本音です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed