ポテチ食堂に迷い込んだ兄弟

出しっぱなしでもつかまらない

消防署の防火防災追及に参加してみて感じたイベント

読了までの目安時間:約 2分

 

今日は、消防署の防火防災特訓に行きました。いよいよ行ったのですが、とっくにたくさんの人が来ていました。火災通信好機を実に鳴らしてみたり止めてみたり、AEDとしてみたり、放水を通じてみたり、消火を通じてみたり、地震過去を通じてみたりと満載でした。AEDの実習では電気原動力の先、心臓マッサージもやってみました。至急車が到着するまでの大まか7分間は継続しないといけないので、スタミナをつけておく必要性を感じました。また、放水特訓は、ヘルメットをかぶり、軍手をはめて行なう本格的なもので、消防部員の面々の日頃のお手数がしのばれました。今後も、機会を見つけて行ってみたいと思います。
アメリカの大統領のトランプさんが就任を通じて数カ月がたちました。メキシコに住んでいるとどのよな影響があるのかを用心深く見守っていたのですが目下大きな影響はなく、生活を送っています。
但し、法人としては影響が出てありこれまでメキシコにおいて展開に積極的であった日系法人や外資の法人いついても展開を自粛するような足取りもありますし、一時的に中断をしているようならもあります。短期的な大きな感化は今出ていませんが、長年的ビジョンで見ていくと影響が出てきそうな兆候の受け取るメキシコ我が国だ。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed